2006年01月24日

東洋新薬とトクホ

株式会社東洋新薬
http://www.toyoshinyaku.co.jp/cgi-bin/top_f.cgi

企業のトクホの製造を、企画から販売まで、一貫してサポートするというスタンスで売り上げを伸ばしている会社として、昨年日経ビジネスで紹介されていました。

その時点では、本社は福岡市として紹介されていましたが、現在はどうやら佐賀県鳥栖市へ移動したもようです。その他、東京、大阪、名古屋、博多にも事業所あり。

九州に本社をおいても、これだけ先進的な事業で会社を伸ばしていけるという点が、とても斬新です。健康食品の業界はかなりアヤシイ商売も目につきますが、いいモノを確実に製品化していってほしいものです。
posted by evergreen at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

着床前診断のいま

着床前診断とは、要するに「受精卵」診断のことで、受精卵が子宮に着床して妊娠が成立する前に、受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかどうかを診断することです。「出生前」診断よりもさらに踏み込んだ技術。

新聞でも何でも目にしたことのある大谷医師のページを、今日始めて知りました。

着床前診断ネットワーク|着床前診断、受精卵診断について、大谷産婦人科院長・大谷徹郎医師による説明及び相談
http://www.pgd.ne.jp/

これによれば、
この検査を受けた最初の健康な赤ちゃんの誕生が 1990 年に報告され、以降世界中で 1,000 人以上の元気な赤ちゃんがこの検査を受けて生まれています。
・・・「すでに1000人以上」とは驚きでした。

日本産婦人科学会が、慶応大学から申請された着床前診断を承認したと、いつか新聞で目にした記憶がありますが、最近の動きについては以下のページにまとめられていました。

受精卵診断への規制を緩和する方向へ、日本社会も動いているようです(現在は広く意見を募ろうとしている段階)。

出生前診断/着床前診断
http://square.umin.ac.jp/CBEL/bioethics_data/pnd_pgd.html

posted by evergreen at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

第2回バイオフォーラムin福岡

私が「おおっ!?」と思ったのは、バイオ産業への新規参入企業に対するコンサルティングで有名な「メディビック」の社長、橋本易周さんが招かれていたこと。この方も、ぜひ一度話を伺ってみたい方です。

第2回バイオフォーラムin福岡
http://www.krp.ktarn.or.jp/kouen_rireki/biokouen20030719.html
平成15年7月19日(土)

株式会社メディビック/橋本易周
http://www.clubrich.jp/kigyouka_519.html
posted by evergreen at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

バイオベンチャー一覧(海外)

三重大学に、網羅的なリンクがありました。三重大自身がこうした取り組みに力を入れている、ということなんでしょうか?

ベンチャー:ベンチャー企業(海外)
http://www.lsrc.mie-u.ac.jp/bioinfo/data/main/outseaven.html
posted by evergreen at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

立山化成株式会社

αリポ酸の製品開発・販売で日本一だとして、少し前にテレビで特集されていました。伝統と職人気質を持って仕事をされている会社のようです。

個人的には製品にお世話になったことはないですが、ググってみると、すごいですね。サプリの世界で一躍注目されている、といった感じです。

はてな αリポ酸、コエンザイムQ10を購入する場合、一番の目的を教えて下さい。
http://www.hatena.ne.jp/1136347305

posted by evergreen at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

ライフサイエンスから「健康で豊かな生活」へ

どこで知ったのか、忘れてしまいましたが、

「ライフサイエンスの発展で、
 すべての人々へ『健康で、豊かな生活』を」

をスローガンにした会社で、今後の取り組みが楽しみです。

N.A.gene バイオインフォマティクス事業部
http://www.nagene.jp/

そのバイオ系製品ポータルサイト"biobio"(プレオープン)
http://biobio.jp/bbs_productsearch/index.php
 バイオの製品(試薬・機械)の検索が可能
posted by evergreen at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

日本バイオベンチャー大賞

2001年に開始され、現在まで4回、賞の選考が実施。

今やトクホの臨床試験の大手になり、テレビでもしばしば取り上げられている「総合医科学研究所」は、第
2回の大賞を受賞した企業。

技術の進歩と可能性に、ワクワクしますね。

日本バイオベンチャー大賞
http://www.business-i.jp/bio/
posted by evergreen at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

デジタルメディシン・イニシアティブ

九大医学部、循環器内科の砂川賢二先生が進めておられる取り組み。

心臓などの動きを再現できるモデルを作った上で、投薬の効果をシミュレートしてその安全性を予測することを目標とされているとのこと。

砂川先生はもともと、コンピューターや電極などで患者の神経に信号を送って臓器や組織を制御する「バイオニック医療」の提唱者であるらしい。機会があればお話を伺ってみたいものです。
posted by evergreen at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

みやざきバイオマスリサイクル

九州におけるもっとも意欲的なバイオマスへの取り組みの1つとして、朝日新聞で紹介されていました。九電らが、公益性を理念として出資しているとのこと。

ちなみに、総合エネルギーサービス会社のファーストエコも、バイオマスに参入していると紹介されていました。

(2005.8.29.朝日)
posted by evergreen at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

在米バイオ研究者と日本企業のかけはし

アメリカのコンサルティング会社「バイオ・インフォ・デザイン」

日本のバイオ企業の関係者と在米バイオ研究者が知り合う機会・就職説明会の開催に、ご尽力されているとのこと。社長のお名前は村磯さん。(2005.11.18.日経)

大変重要で意義のある取り組みだと思います。今後のますますのご発展を期待させていただきます。
posted by evergreen at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

九大発のバイオベンチャー

アキュメンバイオファーマ株式会社  <九州大学医学部発 創薬ベンチャー>
http://www.aqumen.jp/

Green Peptide Co., Ltd. : Home
http://www16.ocn.ne.jp/~peptide/


前者は、加齢黄斑変性(AMD)という、目が見えなくなる病気治療薬に特化したベンチャー。

後者は、テーラーメイド(つまり患者さんの1人1人の個人差にあわせた)がんのペプチドワクチン療法に関するベンチャー。

(05/10/05の毎日朝刊で紹介)
posted by evergreen at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

医療システムの変革に向けて

三井物産戦略研究所(MGSSI)の機関誌、「THE WORLD COMPASS」の2005年3月号に、「医療システムの変革に向けて」というタイトルで特集が組まれているとのこと。

寺島実郎さんで有名な研究所ですが、こういう分野にも活動範囲を広げているとは知りませんでした。
posted by evergreen at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

がん医療情報拠点

「がん医療情報拠点」の設置が昨年決定。

今年の年明けに放送されていた、NHKのがん治療特番の第2回でも紹介されていたはず。

中央は、がん対策情報センター(がんセンター内)。
各地は、相談支援センター(全国370箇所に地域がん診療拠点病院に)。

関心の高い未承認薬では臨床試験を効率化し、承認をスピードアップ、
がん細胞の画像をほかの病院に伝送する「遠隔病理診断」システム、
治療成績のデータベース化、などの取り組みが進行中。

(朝日新聞に関連記事 2005.8.29)
posted by evergreen at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオと社会 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。