2006年01月27日

インタビュー@ジョブカフェ

昨年末にジョブカフェぐんまに足を運んだ際に、スタッフの方に直接お聞きできた内容を、インタビュー形式でまとめました。

もともとは別件のためだったのですが、せっかくなのでここにも公開しておきます。

━━━━━━━━━━━━━
Q
ジョブカフェぐんまは、企業に足を運んで自ら求人を発掘している点に特色があると伺っていますが、その取り組みを通じてお感じになっている点をお聞かせいただけますか。

A
ジョブカフェの中でも、自分たちで求人の発掘まで行っている所はまだ少数です。しかし私たちは、それを行わずにどうして就業支援が出来るのか、という使命感を持ってこの取り組みを続けています。

企業とのつながりは、ゼロから作りました。苦労はしましたが、そうした仕事が、仕事をしながら企業側のニーズを発掘していける仕事だったことに、助けられました。群馬が全国で二番目に高い求人倍率を誇る地域だという地の利もあり、求人の発掘はうまく行っています。

―――――――――――――
Q
こうした取り組みは、求職者だけでなく、企業にも役立つものである必要があると思うのですが。

A
自分達ときちんと対話できている企業には、企業のニーズにマッチした求職者を紹介できていいます。その点で、求職者だけでなく、企業のお役にも立てていると実感しています。。

就職しても程なくして辞めてしまう人が増えていますが、その最大の要因の一つが、人間関係です。特に女性の場合は、女性の先輩社員との関係。そこに悩みを抱えた相談を、しばしば受けます。

私たちがうまく対話できている企業とは、その点に関して問題の生じる心配がないかどうか、事前に相談しあうことが出来ています。その結果、いったん入社後しても結局は辞めてしまうという、企業にとっての最大の無駄の一つを減らせていると思います。

―――――――――――――
Q
企業との対話を重ねる中で、どんなことをよく感じておられますか。

A
規模は大きくないけれども輝いている企業は、実は多いなと感じています。

その典型が、創業者の跡を次いだ、志ある社長のいる企業。そうした社長さんは、その会社を大きく羽ばたかせてやろうという決意を持って、跡を継がれているケースが多い。会社は必然的に輝いてきます。

そこに魅力を感じる若者も出てきています。例えば、青山学院の経済学部を卒業して、従業員30人のコンニャク会社に就職した学生さんもいました。社長の人間性と将来のビジョンに、大いに惹かれるものを感じたと話していました。

―――――――――――――
Q
ジョブカフェには、どんな人が足を運んでくるのでしょうか。

A
半分が、仕事をしていない人です。学生は全体の2割で、転職組の方も一定数いらっしゃいますね。少しでも多くの方に利用していただければ、と思っています。

―――――――――――――
Q
その1人1人に、直接相談に乗っておられるわけですね。

A
もちろんです。相談を希望された方には、専属の相談員がすぐに対応するかたちになっています。

―――――――――――――
Q
一度新卒採用のチャンスを逃してしまうと、正社員にはなりにくいという現実があるように思うのですが。

A
夜間大学を卒業して28歳ですんなり正社員になれた人や、全く未経験の結婚式業界に30歳で応募し、正社員になれた女性もいます。自分から動き、私たちのような存在を活用していただき、そして就職は縁だと思うことができれば、普通に正社員になれると思いますよ。

―――――――――――――
Q
就職活動に関するアドバイスをいただけますか。

A
求人には、顕在求人と潜在求人があります。

企業の採用ホームページに乗っているような情報は、すべて顕在求人です。一方、そうした表立った場所には出てこないけれども、企業が必要としている求人も必ずあります。それを潜在求人と言います。そして潜在求人は、顕在求人よりむしろ多いとさえ言われています。

ですので、働きたい企業が見つかったら、自分から人事の方に直接アプローチしてみることが大切だと思います。企業にとって、その会社で働きたいという意欲を持ってアプローチされることは基本的に嬉しいことであり、人事の方はそれに対応するのがお仕事な訳ですから。

先ほど紹介した、30歳で結婚式業界に就職した女性は、ゼクシィ(リクルートの雑誌)に広告の掲載されていたすべての企業に葉書を送るところから、就職活動を開始されました。そしてそのうち2社からは、なんと直筆の返事が返ってきて、そこから就職のチャンスを手にされました。大げさな言い方かもしれませんが、就職活動にルールはないのだと思います。

―――――――――――――
Q
ジョブカフェぐんまの運営体制について教えていただけますか。

A
ジョブカフェ事業を受注した当社(ワークエントリー)の職員8名と、群馬県の職員、雇用能力開発機構からの出向者、で運営しています。

当社の職員8名は全員、相談員をやりつつ、企業にも足を運ぶというスタンスで仕事に取り組んでいます。タテ割にせず、1人1人が、相談の仕事も企業Q
求人の仕事も両方やるべきだというのが、当社の基本方針です。大変ではありますが、正しい方針だと思っています。

多くの学生さんにも、ボランティアとして協力していただいています。

―――――――――――――
Q
ジョブカフェ事業自体、期限付きの事業であり、正直なところ、職員の方もそこに不安を抱えておられるのではないでしょうか。

A
確かに、先の見えない仕事なのは確かです。

しかし、私たちスタッフはそのことを理解した上で、自分達に出来ることをやっていこう、この先どこに行っても通用するものを日々の仕事ので身につけていこう、と励ましあい、仕事に精を尽くしています。

―――――――――――――
Q
若者に向けて、メッセージをいただけますか。

A
若いうちは、お金ではなく経験に投資してほしいですね。例えば、会社の営業の仕事は、経験と人脈を蓄えるのに一番よい職種の一つだと思います。

また、私自身が、27と37で転職しました。現在40歳です。27で転職した時には、正直言ってどうしたらいいのか、不安でした。

しかし、今はその時代よりもはるかにやり直しが効きやすくなっています。心配するな!と言いたいですね。それでも心配したくなる気持ちもわかりますが、昔に比べれば、やり直したり途中で変わったりするための条件環境は整ってきています。
posted by evergreen at 00:15 | Comment(1) | TrackBack(1) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月17日

大学生が選んだ就職先人気企業ランキング

ダイヤモンド・ビッグ アンド リードという会社が実施しているランキングが有名らしい。2006年は日立がトップになったというニュースが、最近どこかで流れていた。

以下のサイトは、2005年のものです。

大学生が選んだ就職先人気企業ランキング
http://www.diamond-lead.co.jp/ranking05.html


posted by evergreen at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

カリスマ起業家、来る!

先日「社会起業家」について書きましたが、こちらは本物の起業家。

実は今、東大の本郷の人たちと関わりを持っていて、学生と大学OB・OGが直接交流できる場所を作ろう!という趣旨で、OB・OGとの交流会、講演会、自主ゼミの企画・運営にチョッとだけ参加させてもらっています(以前もちょっと触れたかもしれません)。

先日、今年第一弾の企画がまとまったのですが、そこで招くOBは、

かつて学生ビジネスコンテストのカリスマと呼ばれ、バイオベンチャーの株式会社ユーグレナ代表取締役、株式会社ライブドアキャリア取締役副社長をはじめ計6社の取締役を兼任しながら各地の講演会を廻り、1日の平均睡眠3時間・労働時間は20時間以上という超人的スケジュールを1年以上続ける若手モーレツ起業家

とのことです。いやあ、すごい(^^;)。いくら東大卒とは言っても、こんな人はあんまりいないと思います。

もうちょっと詳しい内容は、運営代表の荒川さんのブログ
 areyoumeの日記 - モーレツ企業家
 http://d.hatena.ne.jp/areyoume/20060113
で紹介されています。

もし関東在住で、興味とお時間がおありの方は、是非足を運んでみてください(自分は今週末から学会で、参加できないのですが(>_<))。


posted by evergreen at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月16日

ガクー(gaqoo)

「若者の夢実現を応援する」がコンセプト。社会に向けて何かを発信していこうという問題意識・夢を持った学生、学生団体どうしが情報を共有するためのポータルサイト、のようです。

学生!!イベントカレンダー - 全国主要学生団体の最新イベントをお届け!
http://www.gaqoo.jp/


posted by evergreen at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

日経主催、GREEの活用法

日経が主催した2004年初頭のシンポで紹介されていた、GREEの有効活用の事例から。


自分の仕事に関連する情報をそこに集約するグループウェアとしての使い方に、新しい可能性がある。


自分の仕事や活動に関係のありそうな人との接点を作り、その人に直接会うきっかけを作る。就職活動でも有効。

そのシンポでは、GREEを活用して「人生が変わった」と話す若者もいたという。

単なる流行(はもう終わってるかもしれないけど)としての目新しさにとどまらない可能性を、GREEはまだまだ秘めているとのこと。


posted by evergreen at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

竹中平蔵の「つぶやき秘書官」

竹中平蔵の「つぶやき秘書官」の岸さん。経済産業省と慶応にいたこともあるらしい(今でも?)。

かつては竹中氏のブログの中に、秘書の「つぶやきコーナー」を作っていたらしいが、今検索してみるとそれに該当するものが見当たらない。

公式ウェブサイトの中に移動したのかな。要するに、なかなかの人だという噂。

竹中平蔵 公式ウェブサイト
http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/


posted by evergreen at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

ソーシャル・アントレプレナー

ソーシャル・アントレプレナー。日本語では社会企業家、と訳されているらしい。特徴は「収益事業との両立」にあるとのこと。

社会起業家・ソーシャル・アントレプレナーという生き方-週末社会起業・NPO起業-
http://www.organic-style.net/ngo-career/social-entrepreneur.htm
社会変革と収益事業を両立させて起業するひとたちは、「社会起業家」「ソーシャル・アントレプレナー」と呼ばれている。

その事例を知るには、次の本がイチオシらしい。

チェンジメーカー〜社会起業家が世の中を変える

日本でも、献身的で先駆的なNPOが増えてきましたが、その専従スタッフのうち、30を過ぎたあたりで辞めてしまう人が少なくない、という話を聞いたことがあります。

理由は、家庭を持つことを決めたり、将来に不安を覚えて生活の安定を求めたり。それだけ、NPOの経営は大変だということなのでしょう。

このように、最先端の仕事に献身的に取り組んでおられる方々が、不安定な生活を強いられているという構造は、研究者の世界や、大学と社会を結ぶ産学連携の世界でも見られることです。

そうした方々の生活をどう安定させるか。社会に貢献するやりがいがあり、生活にも最低限の安定が確保されるような仕事を、社会の中でどう増やしていくか。

それは、これからの日本社会の中で最も大切な課題の1つだと思います。

小林武史さん(Mr.Childrenのプロデューサーですね)も、ap bankの運営を最後はそこにつなげていきたい、と発言していたはず。仕事は誰にとってもリアルで身近な問題であるだけに、と。

「ソーシャル・アントレプレナー」は、その解決策を考える上での糸口になるかもしれませんね。時間を作って、上の本を読んでみよう。



posted by evergreen at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

高崎の帰りで

先年末にブログに書いた「ジョブカフェぐんま」のイベントには、東京からは学生2名(自分および他大から1人)と某社から1名が参加しました。

その某社の人とは、行き帰りの電車内でいろいろと話をさせてもらい、大変楽しく、勉強になりました。その内容からピックアップして、以下にアップしておきます。


posted by evergreen at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月26日

チョコっとよってみナイト2

遅くなりましたが、先日紹介したジョブカフェぐんまの企画イベント「チョコっとよってみナイト」の報告です。

イベントは二部構成。

第一部「語れるjob-cafe X'mas」は、ジョブカフェを利用して就職に成功したOB・OGと、今まさにジョブカフェを利用している若者が、少人数グループに分かれて直接話をしよう、という時間。

第二部「奏でるjob-cafe X'mas」は、歌手のカミタミカさんやHIPHOPグループのZ-OROを招いての生ライブでした。

ちなみにカミタミカさんは、日本テレビの「歌スタ!!」で、4,000人を超える応募が殺到した中からコモリタミノル(SMAPの「らいおんハート」で有名ですね)さんに見出され、今年プロデビューを果たしたばかりのシンデレラガール。Z-OROは現在インディーズデビューを果たし、着々と頭角を現しつつある4人組のグループです。

第一部では、1800人を超える就職成功者を輩出した経験が生かされ、とても具体的に、OB・OGと現役の若者が対話できている点が印象的でした。

こういうイベントはとかく、抽象的にただ「励ますだけ」のイベントになりがちですが、それでは当事者の助けにはなりませんよね。人間、何をしたらいいのかがわからなくなるケースがよくあるものです。就職活動はまさに、何から手をつけていいのかがわからなくなりがちなケース。

しかし、この第一部で聞こえてきた会話からは、不適当な点を率直に指摘しつつ、具体的にこう考えたら、こう動いたら、そしてこう相手に伝えたらいいんじゃないか、という丁寧なアドバイスがたくさん聞こえてきました。1800人を超える実績は伊達じゃないな、と思いました。

第二部は、まあ生ライブですから、とにかく楽しく盛り上がれればそれでよし! 実際、カミタミカさんの歌声は、初めて聞きましたが、さすがプロだと思わせられるものでしたし、Z-OROの音楽もなかなかよかった。

双方に特徴的なのは、音楽を通じてきちんとメッセージを語れること。

カミタさんはとにかく歌が好きで、これまで諦めそうになってきた時も歌自体に励まされてきて、そうした想いを聞き手に伝えたい、というメッセージをストレートに伝えてくれました。

Z-OROも、何を言いたいかがよくわからないHIPHOPのアーティストとは違って、自分たちの想いをダイレクトに伝えようとする姿勢で音楽を作っていて、好感が持てました。「頭悪いから強行突破」っていう歌詞が特に印象的で、共感しちゃいました。

個人的にも結構なかよくなって、そのうち1人とはなぜか「キャプテン!!」と連呼される間柄に。何もしていないっちゅーに(^^;)。

その後の演出もなかなかいい感じで、一足早いクリスマス気分に浸れました。行ってよかったです、ほんとに。

ちなみにこのイベントは、ジョブカフェぐんまのOB・OG会の発足記念イベントでもある、とのことでした。そこでは、

 就職に成功したOB・OGの経験を還元し、
 ジョブカフェをPRし、
 OB・OGと若者との交流を深める、

ことが謳われました。

この理念に沿って、今後の活動が発展していかれること、心から期待いたします。
posted by evergreen at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月23日

チョコっとよってみナイト

昨日は、先日紹介した「ジョブカフェぐんま」のイベントに参加してきました。東京からは私の他に、某社と某大学から1人ずつが参加。高崎まで足を伸ばしました。

タイトルは「ジョブカフェぐんまプレゼンツ Night☆job-cafe X'mas〜チョコっとよってみナイト」。就職活動のために利用するだけでなく、もっと気軽にジョブカフェに足を運んでほしいという気持ちを込めて企画されたようです。

以下がそのときの一コマ。

CIMG0283.JPG

CIMG0286.JPG

イベントの内容や、旅程で某社の方と話して初めて知ったことなどは、また後ほどアップしたいと思います。
posted by evergreen at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月21日

学生と社会をつなぐ

今日は大学のメインキャンパス(自分の研究室から電車で30分)で、学生と大学OBをつなぐ取り組みに関するミーティングがありました。

研究の方が一段落し、せっかくだから在学中にもう少しおもしろいことが出来ないかと考えていた時に、この取組みの存在を知って合流しました。

少人数の有志が自発的に動いている段階ですが、特徴的なのは、大学の当局と全面的にタイアップしていること。

大学の法人化以来、「キャリアサポート室」あるいは「卒業生室」といった部署が設置され、外部から招いた有識者に運営が委ねられているようなのですが、その部署と学生の双方に、現役の学生と大学のOBの交流を増やしたい、実社会と接点を持つ機会を増やしたいというニーズがあり、その実現を目指した自主的な取り組みが、こうして今秋にスタートしました。

まずは何人かのOBを大学に招き、自主的なゼミを開くところから取り組んでいこう、という方針になっており、年明けの第1回の実施に向けた打ち合わせが、今日行われたわけです。

率直に、楽しいです。そして羨ましい。自分の学部時代にも、こんな取り組みがあったらよかったのになあ。

机やパソコンに向かって仕事をしているよりも、こうして人と話しながら何かを作っていく、意味のある取り組みを前に進めていく、そうしたプロセスの方が、正直言って楽しいです。自分はやっぱりそういう人間なんだなあ、とも思います。

一緒にがんばっている人たちも、いいやつが多い。自分から動き、自分の考えを率直に口にできる。人もいい。状況判断も的確。見習う点が多いです。
posted by evergreen at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月17日

ジョブカフェぐんま

ジョブカフェの中でも、自分から求人を発掘しに行っているところは3つ程度。
それを行わずにどうして支援が出来るのか、と思うのが率直なところだが。

群馬の求人倍率は全国で2番目に高い。製造業、福祉、ITなど。

企業とのつながりはゼロから作った。
そうした仕事が、仕事をしながらニーズを発掘していける仕事だったことに助けられた。

自分達ときちんと対話でき、魅力を感じる企業には、いい求職者を紹介できている。
求職者だけでなく、企業の役にも立てていると実感している。

就職してもうまくいかない一番の要因は、人間関係。女性の場合は女性の先輩との関係。
うまく対話できている企業とは、その点に関して問題が生じないかを事前に相談しあう
ことが出来ており、入社後まもなく辞めてしまうといった無駄を減らせている。

規模は大きくないけれども輝いている企業は、実は多い。
その典型が、創業者の跡を決意を持って次いだ社長のいる企業。
例えば、青山学院の経済学部を卒業して、従業員30人のコンニャク会社に就職した人も。

---
夜間大学を卒業して28ですんなり正社員になった人間や、全く未経験の結婚式業界に30になって応募して正社員になれた女性もいる。自分が動けば、そして就職は縁だと思えれば、正社員にはなれる。

ジョブカフェに来る半分が、仕事をしていない人。学生は2割。転職組も一定数いる。

顕在求人と潜在求人。就職活動にルールはない。
働きたい企業が見つかったら、自分から人事にアプローチすること。
上で紹介した30歳で就職活動した女性は、zexiに広告の載っていたすべての企業にはがきを送るところからはじめた。そのうち2社からは直筆の返事が返ってきた。企業にとってアプローチされることは基本的にうれしいことなのだと。

群馬県の職員、雇用・能力開発機構からの出向者、そしてこの事業を受注した会社(ワークエントリー)の8人で仕事。その8人は全員、相談員をやりつつ企業に足も運ぶ。いっぱいいっぱいの業務。

経済産業省からの受託が期限付きで、先の見えない仕事なのは確か。
そのことを理解した上で、自分達に出来ることをやっていこう、この先どこに行っても通用するものをその中で身につけていこう、と言い合える仲間とともに、日々の仕事に取り組んでいる。学生をボランティアとしてうまく巻き込みながら。

若いうちはお金ではなく経験に投資してほしい。
営業は経験・人脈を蓄えるには一番よい職種の一つ。

ご自身が、27と37で転職。現在40歳。
27で転職した際には、どうしたらいいのか不安だった。
今はその時代よりもはるかにやり直しが効きやすくなっている。心配するなと言いたい。
それでも心配したくなる気持ちもわかるが、昔に比べれば条件・環境は整ってきている。
posted by evergreen at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

ジョブカフェ

「ジョブカフェ」という存在をご存知でしょうか。

若者の就職を応援するために、就職情報の提供から相談(キャリアカウンセリング)、就職支援セミナー、職場体験、職業紹介、就職後フォローアップカウンセリングまで、一貫した多くのサービスを1箇所でまとめて受けられることを目指して設置されている場所です。各都道府県が、国(経済産業省)の支援を受けて設置しています。

いろんな回り道と苦労を味わいながら今の職にたどりついた身として、私は若者の雇用の問題におおいに興味を持っています。もともと社会科学畑出身の人間ということもあり、社会に対していつもアンテナを張って生きていきたいと思っています。中でも雇用(そして環境)の問題が、今の私にとっての一番の社会的な関心事です。

関心があったらまず動いてみよう、が私のモットーでして、今年の秋ごろから実際に、この問題に仕事として関与しておられる方々とともに、出来る範囲での取り組みをさせていただいています。

その一環として先週、群馬県にあるジョブカフェを訪問しました。ここは、現在までに1800人強の就職者を送り出すことに成功している、全国のジョブカフェの中でも指折りのスポットです。

そこで伺ったお話を、高崎からの帰りの電車の中でパソコンに打ち込んでいましたので、せっかくですのでアップしておきます。
posted by evergreen at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO(仕事・若者) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。